車検切れしたら、また車検に出して新たな車検証を取得しなければなりません。
車検にはいろんな種類・方法があるのですが、その中でも大きくわけると業者に依頼する方法自分で車検を通すユーザー車検があります。
この2つを比べてみた時、どちらが良いのか考えていきたいと思います。
迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

業者に依頼する場合

車検業者と言ってもさまざまなところがあります。
ディーラーやフランチャイズ系、民間整備工場などさまざまです。

  • ディーラー車検
  • 車検専門フランチャイズ車検
  • カー用品店車検
  • 民間整備工場車検
  • ガソリンスタンド車検

車検を依頼できるところは、こんなにもいろんなところが存在します。
それぞれ車検にかかる費用はもちろん、整備や検査のクオリティも違ってきます。
ただすべて業者側で行ってくれますし、書類の準備や作成もお任せできます。

ユーザー車検の場合

車検の書類
ユーザー車検は、言ってしまえば自分自身で行う車検のことです。
そのため知識なども必要になりますし、書類の準備・作成等もすべて自分で行わなくてはなりません。
検査に合格できるだけの知識などが必要になってくるため、車に詳しくないと難しいかもしれません。
逆に詳しい人からすれば時間短縮にもなりますし、なにより費用をリーズナブルに抑えることができます。

結果的にどちらがいいの?

どちらがいいかということは、一人ひとりのニーズによって異なるでしょう。
車検のクオリティなどを求める人や自分では面倒という人は、業者に依頼したほうが良いです。
反対に自分でこだわって行いたいという人や費用を安く抑えたいという人は、ユーザー車検を選んだほうが良いと言えるでしょう。
車検切れしてしまった場合、一般的には車検に出す必要があります。
ただ車検と一言に言ってもさまざまな種類があります。
車検は受ける場所や方法によって、かかる費用、クオリティが異なるので種類を知ることは重要です。

車検の種類は大きくわけて2種類

新車
車検の方法としては、大きくわけて2種類あります。
1つは、車検業者など専門のところに依頼して行うもの。
そしてもう1つが、ユーザー車検と言って自分自身で車検を通すものです。
車検業者と言ってもさまざまで、車検を請け負ってくれるところはたくさんあります。
例えばディーラーで新車を購入した人は、そのディーラーにて受けることも可能です。
ディーラーといえば、TOYOTAやSUZUKI、NISSAN、HONDAなどさまざまなところがありますが、やはり知名度が高く信頼性が高いのが売りです。
その信頼性を損なわないためにも、徹底したサービス、検査を行っています。
また設備等も整っているため安心して依頼することができるでしょう。
ただほかの民間整備工場などに依頼するよりも費用が比較的高い傾向にあるようです。

ほかにもいろんな種類の車検がある

  • 車検専門フランチャイズ車検
  • 民間整備工場車検
  • カー用品店車検
  • ガソリンスタンド車検

上記に挙げたのは、車検を受けることができるところです。
より身近に、そして気軽に車検を受けることができるようになっています。
最近では1日車検など、通常2〜3日かかるところを1日で終えることができる車検も増えています。
ただ依頼するところによって、費用や時間、クオリティが違ってくるので慎重に選定することが重要です。

ユーザー車検という選択肢

車検業者などに依頼する方法以外では、自分自身で車検を通すユーザー車検という方法もあります。
自分自身で行う分費用は安く抑えられますが、知識と手間が必要になります。

おすすめの車検

■タイトル:車検切れの罰則と車検を即日最短で出すには?|48,370円からのクリック車検
■URL:http://www.click-s.jp/case/expired.html