Home / 車検切れの車の点検について / 車検切れした車を持っていると違法になってしまうの?

車検切れした車を持っていると違法になってしまうの?

車検の期限をついうっかり忘れていたという経験をしたことがある人は、結構多いのではないでしょうか。
実際そろそろ車検の時期だと気づいていても、「まだ余裕がある」「またあとで調べよう」と思うこともあります。
結果また忘れてしまい、思い出す頃には車検の有効期限が過ぎていて慌てるといったことも珍しい話ではありません。
そこで今回は車検切れの車の対処法についてご紹介していきたいと思います。
■車検の有効期限が過ぎた車は違法になるの?
乗っている車が車検切れしてしまうとどうなってしまうのでしょうか。
ついうっかり車検の有効期限のことを忘れていて、確認したころには車検切れしていたということはたくさんの人が経験していることでしょう。
もし車検が切れてしまった場合、違法になってしまうのでしょうか。
実は車検の有効期限が過ぎただけでは違法になることはありません。
厳密に言えば乗らずに放置しておく分には何の問題もないということです。
■車検切れ車両で公道を走ってはいけない
普段乗っている車が車検切れしてしまっても、車検の有効期限が切れただけでは違法にはなりません。
ですがそれは、乗らずに放置しておく場合に限ります。
どういうことかというと車検切れ車両で公道を走行してはいけないということです。
車検の有効期限が切れた車は公道を走ることができません。
この場合は違法になってしまうので気をつけましょう。
■車検切れの違法まとめ
車検切れ車両が違法になる場合をまとめておきましょう。
・車検の有効期限が切れただけでは違法にならない。
・車検切れの車で公道を走ると違法になる。
最低でもこの2点だけ頭に入れておけば、いざという時に慌てることはないでしょう。

関連する記事